ふだんの生活の中でもオシャレやキレイにこだわってみる

普段着はもちろん、仕事着にもオシャレに少しこだわっています。

そもそも制服だったり、ルールが厳しい職業などもありますが、やっぱりおしゃれの出来る環境であることが気持ち的には良い感じがします。

見た目のいいものにはやはり人の印象も良くなるものです。

キレイでない人よりキレイな人の方が、見ている人の側に立てばポシティブな印象を与えるのは間違いありません。

ちょっと面倒くさいと思っていても、派手すぎず、ちょっと目立たない程度でもおしゃれについて気を配った方が、より良い生活につながると思います。

服装ルールがある会社ではさすがに細かくおしゃれにこだわることはできませんが、ワンポイントでも、ぱっと見分からない所でも自分なりの工夫できればいいかもしれないと思います。

例えば、ネックレスやピアスなど、アクセサリー類にワンポイントでもこだわって見るのも良いでしょう。

アクセサリーって、女性にとってはマナーの一部といえるかもしれませんし、毎朝つけることが習慣というのは儀礼的なことある気がします。

朝出かけるときに、毎日少しでもこだわって出かけるのは、逆に気が引き締まって仕事へのモチベーションにもなると思います。

いつもキレイであることが気持ちを穏やかにしたり、人を強くするというのもあります。

人の悪口をいっていたり、さげすんでいたりすると、気性が荒くなったりして、結局人間関係も良くないものとなってしまいます。

人間は人のつながりなしには生きていくことは難しいので、自分のキレイ力を高めることで、人間関係も高めることにもつながります。

どうしても仕事上や環境でおしゃれにこだわることができない場合は、プライベートの休日など、なんの制約もないときにオンとオフを切り替えて、思い切りおしゃれを楽しんだ方がいいのではと思います。

なにもしないでいる時と比べて、別人?と思われるほどの変身した位の差がついたとしても構いません。

例えば昔からあるある的に言われていることとして、お化粧やオシャレをする女の人はしない人に比べてすっぴんの顔が違うと言われます。

これは悪い事のように聞こえるかもしれません。

しかし、実際は他人の受け止め方として、いつも人前でしっかりお化粧をしている方は、たとえすっぴんでも、お化粧しているキレイなイメージと同じ人だなという感じに見てとられるのです。

いざナチュラルな状況で他人と一緒にいる状況の場合に、どうせだったらそんな雰囲気が醸し出される方が素敵なのではないかとも考えられます。

もちろんすっぴんでも全然キレイなな人はそれはそれで天賦の才があるといっていいのですが、普通の人はなかなかそうにはいきません。

人と人とのつながりで生き方は豊かなものになっていくわけですから、人が自分の周りに自然と集まるように、忙しい毎日でもおしゃれの心を少しでも持っておきたいと思います。

ドリームチャームアジャストの体験談